個人セッション(プライベート・セッション)メニュー/予約方法/出張/個人レッスン

山影青生の個人セッションご予約・ご要望は【a3kaku@gmail.com】まで。
*********
【個人セッションメニュー】

スピリチュアル・リーディング 50分 15,000円/90分 25,000円

スピリチュアル・ヒーリング 40分 6,000円/60分 9,000円
オーラ・クレンジング(オーラの強力な浄化・浄霊) 50分 10,000円

【90分セット】ヒーリング(40分)+リーディング(50分) 90分 12,000円

詳しい「セッションメニューの説明」はこちらをお読みください。


*********
【RSP】魂回復プログラム(リカバリー・ソウル・プログラム)
魂回復プログラム 1回(90分) 15,000円


*********
【個人レッスン(プライベート・トレーニング)】
★霊視基礎能力トレーニング、エビデンシャル・ミディアムシップ(証拠主義ミディアムシップ)、
トランス・ミディアムシップ、スピリチュアル・ヒーリングなど

面談にて、ご希望の目的や習熟度などに合わせて、レッスン・プランを組みます。
直伝となりますので、霊的な相性やタイミングの合う方にしか教えられませんが
ご希望がありましたら、ご連絡ください。
個人レッスン 1回(120分) 20,000円(時間・回数等により応相談)




【予約方法】

【完全個室】個人セッション魂回復プログラム個人レッスン
月~水曜の13-22時木~日の12-16時で、承っております。

ご予約はa3kaku@gmail.comまでお願いいたします。
:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:
1.お名前
2.ご希望のセッション
  (例)「スピリチュアル・リーディング」「オーラ・クレンジング」など
3.ご希望の日時(曜日・時間帯)を第3希望くらいまで
  (例)「平日19時以降」「○月○日13時~17時の間」など
:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:
をご記入いただき、メールをお送りください。
(出張などもご希望があれば承ります。前もってご相談ください。)


会場は
CAFE池ノ上ボブテイル(世田谷区代沢2-45-9飛田ビルB1F)です。

お支払いは、当日現金にてお願いいたします。




夜間の時間帯のセッション、東京近郊以外からのセッションは
→「遠隔セッション」「Skype/電話セッション」のメニューをご覧ください。

遠隔だけの限定メニューや、無料ヒーリングもあります



『【RSP】魂回復プログラム(リカバリー・ソウル・プログラム)』~「魂の主導権を取り戻す」トラウマ解消セッション(トラウマ性ストレス/愛着障害/etc.)

山影青生の個人セッションご予約・ご要望は【a3kaku@gmail.com】まで。
*********
『【RSP】魂回復プログラム(リカバリー・ソウル・プログラム)』

★魂回復プログラム 1回(90分) 15,000円

◆ご予約は...
a3kaku@gmail.com】まで
ご希望の日時をお知らせください。

*********
『【RSP】魂回復プログラム(リカバリー・ソウル・プログラム)』
ルドルフ・シュタイナーの神秘学の観点を基盤として
現代のブリーフ・サイコセラピーやトランスアプローチの手法を取り入れた
「魂の主導権」を取り戻し、「自分本来の魂の力」を発揮して生きるための
セッション・プログラムです。

最低でも2回のセッションを受けていただくことになりますが
「今、気になっている問題」だけにフォーカスする場合には
2回のセッションで解消(改善)できることも多いです。

セッションは1回ごとに完結します。
1回ごとに対処するポイントはちがいますが
「今、優先すべきポイント」から対処をしていきますので
「もう大丈夫」「魂の力が戻ってきた」
ご自分が感じるところまで続けていただければ結構です。

月に1回ほどのペースで、ゆっくりと通ってこられる方もいらっしゃれば
短期間で集中して大きく変化していかれる方もいます。
ご自分のペースに合わせて、お越しください。

★『【RSP】魂回復プログラム(リカバリー・ソウル・プログラム)』
~セッションの流れ


*********
ミディアムとして個人セッションをしていると
「自分の人生がどうしてこうなのか、原因を知りたい」
というクライアントさんが、ときどきいらっしゃいます。

そのとき、たいてい僕はこう答えています。
「原因も大切ですが、問題が解消して、人生が楽になったらいいですよね」

実際、問題の原因は、「記憶にあること」から「記憶にないこと」まで
その人だけに特別な「多種多様な要因」が複雑に絡み合っていて
簡単に言葉で説明ができるような単純なものではありません。

ミディアムの視点から原因をお話しをしたとしても
そのときは安心した気分になっていただいたところで
結局、その方は「魂の主導権」を取り戻せないままです。
また僕のところに戻ってくるか、別の誰かを頼るという繰り返しになってしまいます。
これでは何の解決にも、なっていません!


「自分の人生はどうしてこうなのか」
「生きているのがつらい、苦しい」
「同じことばかり繰り返してしまう自分を変えたい」
「自分が何をやりたいのか、ずっとわからない」
「こんな自分をもうやめたい」
「今、感じている苦しさをどうにかしたい」
「生きるのが面倒くさい」
「自分の魂の力を発揮して生きてみたい」


これらの葛藤はいずれも
「自分本来の魂(意識魂)」とのつながりを
「潜在意識にある未解決の感情たち」(精神的な傷/トラウマ)
かたまりが遮断しているために生じます。


現在、日本では全体の「およそ4分の1」の人が
「未解決の古い感情」(トラウマ)を抱えて生きている
と言われています。

「未解決の古い感情」(トラウマ)を抱えていると
他人には理解できないような「ささいなストレス(人、物事、音、光)」を感じただけで
「突発的な激しい怒りにとらわれる」か、「意識がぼんやり」してしまいます。

「未解決の古い感情」(トラウマ)
別の出来事と結びつけて再体験することを繰り返したり
「未解決の古い感情」(トラウマ)
意識にのぼってこないように無意識に押さえつづけていたりと
そのことばかりに人生のエネルギーが浪費されてしてしまいます。

そのため、いつも身体が緊張していたり、すぐに疲れたりしてしまい
「自分本来の魂(意識魂)」を感じて
「今このときを存分に生きる」ことが、できなくなるのです。

そのことが、不器用だったり、損してばかりいたり、
周囲にふりまわされてばかりいたり、という生きづらさをも生んでいます。
「未解決の古い感情」(トラウマ)を抱えている苦しさは
経験したことのない人には、わかりません。



それならば、こういった問題に正面から取り組み
「多種多様な要因」を根本的に解消することで
「自分本来の魂(意識魂)にしたがって人生を生きられる」
ようになってもらいたい。

「空手バカ一代」「〇〇バカ一代」のように
「自分本来の魂(意識魂)」を生きる人が増えて
日本や世界の未来のために活躍をしてもらいたい。

こういった経緯から
これまで「ミディアムシップの個人レッスン」の中で
「ドッペルゲンガー対策」として取り組んできた手法
を応用・発展させ
『【RSP】魂回復プログラム(リカバリー・ソウル・プログラム)』
というセッション・プログラムとして、活用することにしました。


*********
★『【RSP】魂回復プログラム(リカバリー・ソウル・プログラム)』
~セッションの流れ


大まかな流れは次のようなイメージです。

1回目は、まず「今、解消したい問題」についてお話を伺い
「探査」「要点整理」をしていきます。
その上で、「どのポイントから解消していくか」の方針を決めていきます。
セッション中、話したくないことについては、無理に話す必要はありません。
実際に対処をしていくのは、おもに2回目からです。

2回目からは、優先して対処すべきポイントから順番に
「未解決の古い感情」(トラウマ)を解消をしていきます。

具体的には、「胎内体験」「目撃体験」「恐怖体験」「家族のトラウマ」など
記憶のあるなしに関わらず
「未解決の古い感情」(トラウマ)が存在するポイントを
優先的なものから順番に解消をしていきます。
場合によっては、「過去生体験」のようなものが自然と現れることもあります。


「未解決の古い感情」(トラウマ)
1回ごとにひとつふたつと解消していくにつれて
凝り固まっていたエネルギーが解放され、自分が自由になっていくのが感じられてきます。
セッション中、自然と涙があふれてくることもあります。

同時に日常生活の中でも、いろいろと変化が起こるようになってきます。
突然、部屋を掃除したくなったり、髪を切りたくなったり、人間関係が変わったりします。

一時的に、抑えていた感情や忘れていた記憶がよみがえってくることもありますが
これは潜在意識がみずから協力して
「未解決の古い感情」(トラウマ)を整理しようと
優先して解消すべきことを提示しているために起こります。


「未解決の古い感情」(トラウマ)の解消が進んできたところで
ご希望があれば、今度は「未来のビジョン」に意識をフォーカスすることで
「自分本来の魂(意識魂)」とのつながりを積極的にうながすこともしていきます。

「未来のビジョン」は、はじめは貧相な姿だったとしても
働きかけていくうちに、だんだんと生き生きと輝いて
「自分本来の魂(意識魂)」の在り方を表現するようになります。

そうすれば、あとは日常生活の中で、潜在意識がちゃんと働いて
「自分本来の魂(意識魂)」を発揮して生きる「未来のビジョン」
自然と近づこうとしてくれます。

あなたの魂が霊的世界と接する境域に立ちふさがっていたものが
親しみあるものに変化していくことで
霊的世界からのサポートが大きく流れ込んでくる状態へと
自然と導かれていきます。


遠隔セッションメニュー【電話セッション/遠隔ヒーリング/指導霊のポートレート】

山影青生の個人セッションご予約・ご要望は【a3kaku@gmail.com】まで。
遠隔セッション(電話セッション/遠隔ヒーリング/指導霊のポートレート)についてです。

:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:
◆電話セッション(スピリチュアル・リーディング) 40分10,000円
(Skypeセッションは、お休み中。お電話にてお願いします


1.「お名前(ふりがな)」
2.「ご希望の日時」(ご都合の良い曜日・時間帯などを第3希望くらいまで)
をご記入いただき、メールをお送りください。

宛先a3kaku@gmail.com

返信のメールにて、お振込先などをお知らせいたします。

電話セッションの通話料はお客様のご負担となりますので、
あらかじめご了承ください。

:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:
◆遠隔ヒーリングセッション 30分5,000円

遠隔ヒーリングの予約セッションです。

ヒーリングを受けられる方が
椅子やベッドなどでリラックスした姿勢でいられる日時をお知らせください。
(夜ベッドなどで眠っている時間でも結構です)
深夜1時スタートまで、ご予約を受けています。

慢性的な痛みや病気、精神的な不調、肉体的な疲れでお困りの方、
過去を手放せずにいる方、物事が停滞している気がしている方
などにおすすめです。

「お名前(ふりがな)」「ご希望の日時(第3希望くらいまで)」
ご記入いただき
ヒーリングを受ける方の「顔がわかる写真」を添付して
メールをお送りください。

また、特定の症状や病状、改善したいことなども
お知らせいただけるとより効果的です。

宛先a3kaku@gmail.com

返信のメールにて、お振込先などをお知らせいたします。

先立たれたお身内・知人について気がかりな場合には
その方へ向けた浄化向上のヒーリングもいたします。

ペット(動物)のヒーリングも承っています。


:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:
◆遠隔ヒーリング(無料)

お申し込み受付のメールを返信した翌日から
1ヶ月間、遠隔ヒーリングのお祈りをいたします。
(ヒーリングを受けられるご本人の承諾は必要ありません)

ヒーリングのエネルギーを必要とされる方の
「お名前(ふりがな)」をメールでお知らせください。

宛先a3kaku@gmail.com

:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:
◆指導霊のポートレート
【ポストカードサイズ】1枚 7,500円(日本国内のみ・送料込)

あなたを導いている指導霊(スピリットガイド)の姿を
ポートレート(肖像画)として、その想いと共にとじこめます。

日本の巫女、中国の道士、チベットの僧侶、インドのヨギ、
フランスの修道女、イタリアの修道士、イギリスの騎士、
ネイティブ・アメリカンの戦士、インカのメディスンマン、
小説家、舞踏家、医者、教師、学者、女優、霊媒、
などなど、その姿はさまざまです。

指導霊からの愛や力や才能のエネルギーを授かり、
指導霊の存在と波長を合わせた生活を続けるための
道標(御守り)としてお持ちください

指導霊のポートレート(ポストカードサイズ)指導霊のポートレート(ポストカードサイズ)2


「指導霊のプロフィール」「指導霊からのメッセージ」
便箋にてお添えしています

1.お名前
2.発送先のご住所(※「画像データ」でお送りする場合は不要です)
をご記入いただき、
3.ご本人の「写真」を添付して
メールをお送りください。

宛先a3kaku@gmail.com

プレゼントの場合
相手の方の「お名前」「写真」
お送りください。
※記念日など、間に合わせたい日程がある場合は、お書き添えください!
(1ヶ月半ほど前を目安にお申込みをお願いいたします!)


返信のメールにて
お届け時期とお振込先をお知らせいたします。

発送は日本国内のみ。「スマートレター」でお送りします。


カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
過去記事検索