「個人セッション」は、月~水の13-22時木~日の12-16時
事前にご予約をいただいて承っております。(「電話・Skypeセッション」も同様です。)
「カフェタイム・セッション」は、通常は予約不要ですが
当面の間は混雑をさけるため、事前に電話・メールでのご予約をお薦めします。

ミディアムは学び続ける

山影青生の個人セッションご予約・ご要望は【a3kaku@gmail.com】まで。
指導霊が「そろそろ慣れてきたな」って思ったら
いっぺんに見せてくるようになるよ。


金城先生と一緒にサンデーサービスに出ると
霊界通信のデモンストレーションで
「おじいさんとおばあさんが一緒に来ているねー」
などと言ったりしている。

「僕の場合、ひとりずつしか出てこないんですけど」
と訊いてみたら、そんな答えをいただいた。


Butterfly World June 2010
Butterfly World June 2010 / picto:graphic



それから、ひと月ほど。
指導霊が「そろそろ慣れてきたな」と思ったのかも知れない。

先日のセッションで突然、ふたり一緒に霊が現れた。

ご夫婦が一緒に現れて
今はラブラブで仲良しにしてるって
相談者さんにアピールをされていた。


二人そろわなければ伝わらないメッセージもある。

二人で現れてくれたからこそ
相談者さんにとって特別なメッセージになった。

このときの出来事は僕にとっても特別で
使ってくださった霊界には
感謝するばかり。


the old couple : color
the old couple : color / Ghostboy



セッションでは毎回
何かしら新しい発見があります。

ミディアムになってからの方が
実感できるような成長をしていると思います。
この学び続け、成長し続ける感覚は楽しい。

でも、セッション前は毎回
相手役も場面設定もわからない即興演劇の舞台に立つような
コワさと緊張を感じます。

この舞台袖で幕を待っているような感じには
まだまだ慣れそうもないです。


☞ 関連記事
「個人セッション」は、月~水の13-22時木~日の12-16時
事前にご予約をいただいて承っております。(「電話・Skypeセッション」も同様です。)
「カフェタイム・セッション」は、通常は予約不要ですが
当面の間は混雑をさけるため、事前に電話・メールでのご予約をお薦めします。

My Old Lady

山影青生の個人セッションご予約・ご要望は【a3kaku@gmail.com】まで。
このところちょっぴりセッション続きで
自分がどこの世界にいるんだか
見失いかけておりました。

セッション続きったって
たいして続いてるわけじゃないんですが。

なりたてミディアムということもあり
霊界通信頻度がここまで高かった経験がなかったので
ちょっとくらくらしている感じです。

慣れるまではしばらく
こんなほろ酔い状態が続くのかもしれません。

Flower
Flower / YuvalH



僕はまだそれほど多くの経験があるわけではありませんが
ご褒美のように思えるセッションがときどきあります。

ご先祖の方が霊界からみえて
「今は幸せにやってるよ」と
元気そうにニコニコしていらっしゃる。
それだけにもかかわらず
その姿を伝えただけで強烈な波動が
体を突き抜けていくときがあります。

ただそれだけなのに
メッセージを受け取った相談者さんもみるみる元気になって
見違えた笑顔になって帰っていかれたりする。
そんなセッションがときどきあります。

この感じがうまく伝わるかわかりませんが
こういうときが一番
ミディアム冥利に尽きるなーと感じます。
僕自身もすごく元気をもらいます。


smile to me
smile to me / aleksiev


☞ 関連記事
「個人セッション」は、月~水の13-22時木~日の12-16時
事前にご予約をいただいて承っております。(「電話・Skypeセッション」も同様です。)
「カフェタイム・セッション」は、通常は予約不要ですが
当面の間は混雑をさけるため、事前に電話・メールでのご予約をお薦めします。

神様といる時間は好きですか?

山影青生の個人セッションご予約・ご要望は【a3kaku@gmail.com】まで。
東京黙想の家で「日帰りの黙想」に参加したことがある。

一日の最後に夕日が差し込む中
参加者と神父さまの4人で食堂のテーブルを囲み
お茶を飲みながら、わかち合いをした。

ひとりの女性は敬虔なカトリックの家庭に生まれ、
学校もずっとカトリック系の一貫教育だったという。

「学校を卒業して初めて会社に入ったとき
みんなが神様と関係なしに生きていて驚きました」


ヨドバシカメラの店頭で
iPhone4Sの白いデモ機をいじっていたとき
そんな場面がよみがえった。

みんな自由でいられる時間を削ってまで
神様と関係なしに生きようとしているのではないかと
感じることがある。

通勤電車や歩いているときまで
ずっとヘッドフォンで耳をふさいでいたり
携帯を見つめていたり、マンガを読んでいたりする。


好みの問題かも知れないが
僕はどちらかというと
神様と生きることが好きなのだと思う。

僕はできるだけ
耳も目も心も自由にしているのが好きだ。
今を感じて、神様とつながっているほうが好きなのだと思う。

☞ 関連記事