「個人セッション」は、月~水の13-22時木~日の12-16時
事前にご予約をいただいて承っております。(「電話・Skypeセッション」も同様です。)
「カフェタイム・セッション」は、通常は予約不要ですが
当面の間は混雑をさけるため、事前に電話・メールでのご予約をお薦めします。

噂の東京大神宮に行ってみた

山影青生の個人セッションご予約・ご要望は【a3kaku@gmail.com】まで。
先日のこと。
飯田橋から九段下まで移動する途中
良縁に恵まれると話題の
東京大神宮に寄ってみることにしました。


こぢんまりとした神社の敷地には
平日のお昼すぎにもかかわらず
若い女性がいっぱいで圧倒されます。
ちょっぴりおどおどしながら
鳥居をくぐりました。

拝殿の前では3人ずつお参りをするという
暗黙のルールができているようで
みなさん行儀よく参拝の列をつくっています。

列の後ろについて見ていると
真ん中でずっと手を合わせている男性がいて
その両脇でお参りをすませた人たちが
どんどん交代していきます。

女性たちはたいてい2、3人で来ているので
「ネッシンだね~」などと囁きあっては
通りすぎていきます。
僕も同じ男性として
だんだんといたたまれなくなってきました。

待ちわびた順番がやって来て
わたわたとお参りをし
そそくさと神社を後にしました。

泰然と祈り続ける男性のような意気込みが
僕には足りないのです。
そもそも移動のついでに寄ったということが
心構えからしてふしだらなのです。



拝殿の奥に見えたのは
綺麗に磨かれた大きな鏡でした。

僕はいつものように住所と名前を告げ
「お招きいただきまして、ありがとうございます」と
ご挨拶をしました。

それと神さま。
お伝えしそびれましたが
ソウルメイト募集中です!

Soul Mates
Soul Mates / WTL photos

☞ 関連記事
「個人セッション」は、月~水の13-22時木~日の12-16時
事前にご予約をいただいて承っております。(「電話・Skypeセッション」も同様です。)
「カフェタイム・セッション」は、通常は予約不要ですが
当面の間は混雑をさけるため、事前に電話・メールでのご予約をお薦めします。

花のワルツ Waltz of the Flowers

山影青生の個人セッションご予約・ご要望は【a3kaku@gmail.com】まで。
原レオンミディアムの代役ということで
昨日急遽サンデーサービスの責任者を
務めさせていただきました。

原センパイは大学の先輩でもあり
いつもお世話になりっぱなしなので
たまには後輩らしく
可愛いことをしてみようかということで。



これまでは
開堂ミディアムや澤田ミディアムなど
先輩のミディアムにくっついてしか
サービスを開催するという
経験をしていませんでした。

今回はじめて責任者として
サービスを取り仕切るという経験を
思いがけずさせていただくことになったのですが
やってみると意外と「気楽」でしたね。

いつもは補佐的な役割なので
自分としてはちゃらんぽらんと
気楽にしているつもりだったのですが
無意識のうちに先輩方の存在に
萎縮してしまっていたのかも知れません。

いつもとは比べものにならないほど
超~のびのびしている自分がいました(笑)
お客さんも軽やかで和やかな雰囲気に感じ
霊界通信も自分としてはテンポよくできて
すごく楽しめました!



僕自身が理想と感じている
霊界通信(スピリット・コミュニケーション)のイメージは
「花のワルツ」です。

霊界(スピリット・ワールド)は
とても明るくて優しくて軽やかで
暖かくて優雅な世界です。

その霊的エネルギーの世界を
そのまま受け取って表現できる踊り手のような
ミディアムでいたいと思っています。



☞ 関連記事
「個人セッション」は、月~水の13-22時木~日の12-16時
事前にご予約をいただいて承っております。(「電話・Skypeセッション」も同様です。)
「カフェタイム・セッション」は、通常は予約不要ですが
当面の間は混雑をさけるため、事前に電話・メールでのご予約をお薦めします。

2012年3月11日

山影青生の個人セッションご予約・ご要望は【a3kaku@gmail.com】まで。
恵比寿まで直接行ってしまおうかとも思ったが
なぜか気まぐれに
外観しか知らなかった図書館に立ち寄って
時間をつぶすことにした。

新宿区中央図書館の3階で
搭乗ロビーのような閲覧スペースに腰かけ
「タロット大全」という分厚い本を広げた。

2011年3月11日14時46分。
書架から雪崩れ落ちる本を
「塔」のカードの絵柄を見つめるように
眺めたことを覚えている。


The Golden State
The Golden State / rangerofthesecretfire



3月11日という日は
昨年の震災を契機に
私たちのたくさんの心が
霊界に想いを馳せる特別な日となりました。

今日はいつもよりも多くの人たちが
霊界に先立った人たちのことについて
想いをめぐらせたことと思います。



今日のサンデーサービスで
僕がサーモンをおこなったときも
たくさんの霊界の方たちの姿を見ました。

たくさんの金色の頭が
肩を組み合って石垣のように連なり
海の上で輝く雲のように広がっていました。

みんなが一緒にいて、笑顔でいる。
そして、海から私たちのことを見つめて
励まし、エールを送り、勇気づけようとしている。
そんな感動的な光景でした。

霊界に先立った人たちは元気でやっています。
霊界に先立った人たちはいつでも
私たちのことを見守り
励ましてくれています。


Venice Beach Sunset
Venice Beach Sunset / gtall1



私たちはただ
その勇気や激励のエネルギーを受け取り
生きていくだけで充分なのだと僕は思います。

肉体を持って生きている私たちは
今は霊界の人たちに
してもらうばっかりでいいのだと思います。

番はじきに回ってきますから。
してあげるのは
そのときの楽しみにいたしましょう!
☞ 関連記事