クリスマス・ギフト

山影青生・個人セッションメニューはこちら★
クリスマスが訪れ
イエス様の降誕をお祝いするたびに
僕自身が新しい生命をいただいたような
魂の輝きがよりいっそう高まるような
新鮮さをいつも感じます。



昨年のクリスマスのことを思い出すと
奇跡のような変化と成長に
本当におどろかされます。

今日ある僕という存在は
昨年のクリスマスの時点には
まったく想像すらしていなかった
別世界の存在のようです。

今では家族のように慕っている
エンジェルストーンの杉内さんや
ボブテイルのたかえさんにも
昨年のクリスマスの時点ではまだ
出会ってすらいなかったことを考えると
とても不思議な感じがします。

エンジェルストーンのスタッフの皆さんやお客さん
ボブテイルのお客さん
アイイスを通して知り合った方たちや
ご縁をいただいてお付き合いさせていただいている
たくさんの方々。

それから、その方たちを通じて
新しく知ったことや体験したこと。
それがまた基礎となり
僕の中の幹のようなものが
あたらしい年輪を重ねて
どんどん成長しているように感じています。

僕が「渋谷」や「下北沢」に親しみを持つなんて!
鄙びた小さなカフェでお仕事ができるなんて!
昔から好きだったものを紐解いていくと
もしかすると当然の帰結なのかも知れないけれど
本当に素晴らしいサプライズです。
霊界からの援助と導きに感謝しています。



究極的にいえば
肉体を持った私たちはひとりひとりが
霊界の協力で動く船の
雇われ船長のようなもの。

自分自身の魂と親和性を持った
霊界の存在たちが乗組員として集って
あれやこれやと援助したり導いたりして
船長である私たちをサポートしています。

直接的に物質世界に関与し
私たちに助言したり導いたりするのは
より人間に近いレベルの霊たちですが
その上にはより高級な霊たちがいて
ちゃんと運行を管理しています。

さらにその上にも高級霊がいて
それがさらにさらにで
絶対無限の父なる神さまがいます。

たとえヘンテコな霊が乗組員に紛れこんで
私たちにヘンテコな考えをささやき
それに船長である私たちが同調してしまったとしても
それも神さまの掌の中での出来事です。

あとは、船長である私たち自身が
どういった霊の影響を受けているのかを
あらゆる瞬間に自覚しようとつとめ、
よりよい霊とのつながりを選択すれば
きっと快適な航海となるでしょう。

たとえ航路を間違えることがあったとしても
絶対無限の神さまの掌から出ることはないのですから!



絶対無限の父なる神さまに
賛美の歌を捧げます!
アレルヤ!

Nativity scene
Nativity scene / MattHurst



☞ 関連記事

池ノ上の母・たかえさん

山影青生・個人セッションメニューはこちら★
オラクルカフェ「池ノ上ボブテイル」の
店主たかえさん(←苗字)は
天然霊感少女です。

実際は「少女」という年齢では全くないけれど
雰囲気がいつまでも少女のようです。

ヒーリングをしてあげると
「体のまわりを光の輪っかが通っていくのが見えたよ」
などと言います。



ボブテイルのお店の前やお店の中には
ときどき「半透明な人」がやってきます。

たかえさんは意識していないときに
そこらをブラブラしている霊が視えてしまう人。
「階段のところにいつもの若い男の人がいたよ~」
とかよく言っています。

「あー、いつものグレーのコートとグレーの帽子の背の高い人ですよね」
「うん、服装はわかんないけど。こないだも奥の席に座ってたよ~」
この方は常連の霊さんで、よくいらっしゃっていました。



お客さんのいないある日の夕方、
カウンター奥のキッチンで店内に背をむける感じで
たかえさんと話に夢中になっていました。

「こんばんは」

頭のすぐ後ろではっきりと声が聞こえたので
お客さんが入ってきたのに気づかなかったんだと思って振り返りました。
ところが誰もいません。

よく見ると、カウンター前のテーブル席の一番左に
「いつもの若い男性」が普通のお客さんのように座ってうつむいています。
たかえさんはよく霊に話しかけられるようなのですが
僕はこんなふうにはっきりと話しかけられたのは初めてでした。

「お水だしたほうがいいんですかね? どうしよう?」
「うーん、わかんない。別にいいんじゃない」

僕は注文を取りにくるのを待っているような姿がどうしても気になりました。
別に悪い人ではないし、こちらも迷惑ではないのですが
なんだかさみしそうに見えました。
お水を持っていくのがいいのかもよくわからないし
どうせなら、一度ちゃんと霊界に帰ってもらったらいいかなと思いました。
(ブラブラしている霊なので、未浄化霊だろうとは思っていたので)

「光の世界から誰か迎えに来てくれないかな」
と念じてみると
その人のすぐそばにお祖母ちゃんが最初に現れ、
お祖父ちゃんが現れ、指導霊のような人も現れました。

男性はその光に気づいて顔をあげたかと思ったら
簡単なやりとりだけで、あれよという間に光の世界について行きました。
あまりにも簡単でちょっとびっくりです。



たかえさんとボブテイルにいると
不思議な面白い体験をいろいろとします。

たかえさんはきっとそのうち
「銀座の母」「大泉の母」みたいに
「池ノ上の母」と呼ばれる日が来るんじゃないかと
ひそかに思っています。

みなさんも是非一度
池ノ上ボブテイルに遊びに来てくださいね。
下北沢徒歩7分、池ノ上0分です。

(水・金・日曜の17~22時は山影もいます)


池ノ上ボブテイル(水~日曜・17~22時)
世田谷区代沢2-45-9飛田ビルB1F
TEL:03-3465-0288(電話に出られないときもあります)

☞ 関連記事

アルバート・ベスト(The Arthur Findlay College)

山影青生・個人セッションメニューはこちら★
昨日の「霊界通信のデモンストレーション&お茶会@池ノ上ボブテイル」に
お越しいただいたみなさま、ありがとうございました。

僕としては初めて一人で担当した1時間超のデモンストレーションだったのですが
とても濃密で充実感にあふれた素晴らしい体験となりました。
お茶会では、参加されたみなさん全員でお話をしました。
お一人お一人からお伺いした経験談やご質問も楽しかったです。

今回ボブテイルというアイリッシュパブのような雰囲気の場所で開催をしてみて
僕はこれまでに経験したことのない濃密な霊的世界との交流の場へ
一歩足を踏み入れたように感じています。

みなさんとお話をしていて、そしてこのイベントを終えて
はっきりと思い出したことがありました。


2009年6月にSNU(スピリチュアリスト・ナショナル・ユニオン)の本拠地である
英国のアーサー・フィンドレー・カレッジで
ワークショップに参加したときのことです。

ある午後に行なわれたワークの実習のひとつに
封筒に入った名前についてリーディングをする
というものがありました。

「ある有名な人の名前が入っている」という説明を受けて
当時アイイスで不真面目な上級生をしていた僕は
「伝記で読んだことのある人かなぁ、それとも映画スターかなぁ」
などと妄想しながら封筒を手にしました。

封筒を手にして浮かんできたイメージは
黒いコートの男性が犬を連れて緑がいっぱいの公園を散歩している光景、
それからレコードに耳を傾けている光景でした。

そして「誰だと思う?」と名前を答える段階になって
知っている有名人でイメージが似ている人ということで
「エジソン」と答えました。

「封筒を開けて名前を見てごらん」と言われ
封筒の中の白い紙片を取り出し
タイプされていた文字を読みました。

「ALBERT BEST」

「君の後ろにある肖像画の人物だよ」
振り返ると、リーディングで見たイメージにそっくりの肖像画が
左斜め後方の壁に掲げられていました。
「とてもとても有名で偉大なミディアムだよ」

その名前が入った封筒を持っていたのはクラスで僕一人だけでした。
はじめて聞いた名前だったけれど
大きな肖像画と見つめ合った僕はそのときなぜかこう思いました。
「僕はミディアムになるんだな。この人が導いてくれる」

僕がミディアムになることを意識しはじめたのは
まさにそのときです。


僕はアイイスのミディアムになってから
ようやくアルバート・ベストに関する記述を
ゴードン・スミスの著書の中に見つけました。

そこでようやくアルバート・ベストが
どれだけ偉大なミディアムかを知ったのです。


昨日のデモンストレーションの最中に
アルバートが一緒に働いてくれているような感覚に
何度かなりました。

そして夜、眠った夢の中で
ボブテイルのステージでデモンストレーションをする僕のとなりで
拍手しているアルバートの姿を見ました。

単なる夢かもしれないけれど、妄想かもしれないけれど
嬉しくってたまらない!


☞ 関連記事

カテゴリ
最新記事
リンク
月別アーカイブ
過去記事検索