「光の手」で見たチャクラの形

山影青生の個人セッションご希望・ご連絡は【a3kaku@gmail.com】まで。
先日の土曜日から、霊性開花クラスを担当しています。

初級クラスの第1回目ということもあり
教室の中は新しいことを勉強しようという生徒さんたちの
熱意やエネルギーが満ちていて
僕自身もこれまで体験したことのない初めての感覚を体験をしました。

前半に誘導瞑想を行ったのですが
誘導をおこなっている途中から、これまで感じたことのないほど
クラウンチャクラ(頭頂部のチャクラ)とサードアイチャクラ(眉間のチャクラ)が
ぐいぐい広げられていくような状態になりました。

それで、頭の中が白くなってボーっとして
言葉でものを考えられなくなるわ
声を出してみても自分の声が遠くに聞こえるわで
大変でした。
多分、生徒さんの名前くらいは余裕で間違えてたんじゃないかと思います。
すいません・・・。


誘導瞑想が終わってからも、クラスが終わってからも
しばらくその状態が続いていて、
クラウンとサードアイの前後のところに
コーン型のお香のでっかいのがささっているみたいな感覚でした。

このチャクラの形って、どこかで見たことがあるな、と思ったら
バーバラ・ブレナンの「光の手」にでてくるチャクラの絵でしたね。
光の手―自己変革への旅〈上〉 バーバラ・アン ブレナン

そのあとに個人セッションのご予約もいただいていたので、
こんな頭真っ白なままでどうしよう~
って、あせってコーヒーを飲んだりしてみたんですが、たいして改善せず。

結局、その日のセッションは、指導霊ばっかりが出てきて
ものすごいメッセージばっかり伝えて帰っていきました。





光の手―自己変革への旅〈上〉
バーバラ・アン ブレナン
河出書房新社
売り上げランキング: 12123


☞ 関連記事


カテゴリ
最新記事
リンク
月別アーカイブ
過去記事検索