元気があれば何でもできる!

山影青生・個人セッションメニューはこちら★
健康であるということはありがたいことです。

幼稚園や小学校低学年の頃
僕は週の半分くらいは病院に行き
家で休んでいるような子供でした。
扁桃腺の炎症でよく熱を出し
すぐに体調を崩していました。

小さい頃から周囲の影響を受けやすい
敏感な子供ではありました。
その上、少し特殊な家庭環境だったこともあり
母の感情をダイレクトに受け取っていたことも
大きく影響をしていただろうと思います。


病院なども色々なところに行きました。
漢方を使った副作用の少ない薬を出す小児科や
体質改善のために鍼やお灸にも
連れて行かれていたことを記憶の片隅で覚えています。

田舎のくせに近所にたまたまお店があり
食品なども母が自然食品や農薬の少ないものを
選んで買っていました。
石鹸やシャンプーなども天然成分のものでした。
飲料水にも気を使っていました。
当時としてはかなり珍しい家庭だったと思います。

その延長なのか、僕が中学生になる頃には
母が気功やヒーリングなどの勉強をするようになりました。
家にはフィンドホーンやエドガー・ケイシーなどの
いわゆる「ニューエイジ系」の本が増えていき
僕もなんとはなしに手にとって読むようになりました。

当時はとても生意気な子供だったので
そういった本をパラパラとめくっては
「なんだ、知ってることばかり書いてあるな~」とか
「ヒーリングなんて勉強しなくてもわかるよ」とか
本気で思っていました。

小さい頃に飲んでいたたくさんの薬の蓄積があったり
周囲のエネルギーに過敏であったりしたためか
かなり不健康でひねくれた子供に仕上がっていたと思います。


その頃の自分のことを思うと
今の自分があるのは本当に奇跡のようです。
素晴らしい人たちとの出会いと援助があったからこそ
奇跡の復活を遂げたのだと思います。
助けてくださった方々には本当に感謝をしています。

健康であるということはありがたいことです。
本当に健康で元気であれば
まずネガティブな考え方をしなくなります。
身のまわりで起こる出来事の受け止め方も
随分とやわらかくなります。
僕自身、不機嫌でイライラしてばかりいたので
その変化が一番ありがたかったです。


僕は少し前くらいから
たいていの悩みや問題は
体が健康であれば解決するだろうと
思うようになりました。

肉体やオーラの中にある滞りが
運命や運勢の流れにも
大きく影響しているのではないかと思います。

僕がいうところの健康というのは
宇宙の大きなエネルギーの流れを
自然と受け取ることができる状態
というようなイメージです。

肉体やオーラの中の滞りがなくなればなくなるほど
宇宙のエネルギーの恩恵を
自然と受け取ることができるようになります。
直感やインスピレーションもよく働きます。

そういう状態になってしまえば
たいていのことは無理なくうまく流れていくだろうと
感じています。


僕がヒーリングやエナジーチャージをしているのも
僕自身が感じた変化や喜びを
多くの方に知ってもらいたいからです。

そういった本当に健康な状態の人たちが世の中に増えれば
社会もまた素晴らしいものになるだろうと思います。

健康で自分らしく生きることの恩恵を受ける人が増えていき
快適に暮らせる社会が実現していっています。


Cheers!
Cheers! / sjsharktank

☞ 関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【元気があれば何でもできる!】
健康であるということはありがたいことです。幼稚園や小学校低学年の頃僕は週の半分くらいは病院に行き家で休んでいるような子供でした。扁桃腺の炎症でよく熱を出しすぐに

カテゴリ
最新記事
リンク
月別アーカイブ
過去記事検索