結局は偉大なる人類賛歌!(僕の中の革命)

山影青生・個人セッションメニューはこちら★
アイイスの新学期がはじまると
何かといそがしい。

なんだかんだで前学期に続き
担当クラスが3つ。

クラスが動きはじめると
つねにネタを仕入れたくなって
どんどんと本を読む。
新しい発見もいろいろとある。


講師としてもずいぶん慣れてきた。
慣れてくると
無意識に「作業」をしている自分に
気がつくことが増える。

マントラを唱えながら
瞑想で使うCDを選んだり
資料をチェックしたりしている。
誘導瞑想をしながら
次の実習のことを考えたりしている。


意識的でない瞑想的でない行動は危うい。
とくに僕が携わっている仕事は
霊界との共同作業が要である。
「意図」を伴わない形骸化した行為では
以心伝心のしようもない。

慣れからくる無意識的な行動は事故をまねく。
指差し。声出し。確認。再確認。
意識的に行動するということは
ひとつのアート(技術)だ。
工事現場の標語にさえ
アートが詰まっている。


世間には知恵があふれている。
人類の経験と積み重ねの結晶が
いたるところにある。

世界の今の状態こそが
今生きている人間こそが
人類の共有財産だ。

結局、何の話がしたかったのかな。
どんどんと話の方向がちがってきたけれど
流れに乗って続けちゃいます!


ああ、そうだよ!
人類という総体が偉大なる宝物庫なんだ!
僕らはみんなで大いなる遺産を保持している!

過去と現在。現在と未来。空間と空間。
それはみんな人と人との間にあって
人と人との間に生まれ続ける流動的な容れ物に
財産が蓄えられている。

僕たちはひとりでは容れ物たりえない。
完結した中身を保持するためには人類全体でなくてはならない。
今、死に行く人が遺したものと。
今、生まれた人が受け継ぐものと。
こうやって人類全体で生きているんだ。


Molecule display
Molecule display / net_efekt



☞ 関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【結局は偉大なる人類賛歌!(僕の中の革命)】
アイイスの新学期がはじまると何かといそがしい。なんだかんだで前学期に続き担当クラスが3つ。クラスが動きはじめるとつねにネタを仕入れたくなってどんどんと本を読む。

カテゴリ
最新記事
リンク
月別アーカイブ
過去記事検索