池ノ上の母・たかえさん

山影青生・個人セッションメニューはこちら★
オラクルカフェ「池ノ上ボブテイル」の
店主たかえさん(←苗字)は
天然霊感少女です。

実際は「少女」という年齢では全くないけれど
雰囲気がいつまでも少女のようです。

ヒーリングをしてあげると
「体のまわりを光の輪っかが通っていくのが見えたよ」
などと言います。



ボブテイルのお店の前やお店の中には
ときどき「半透明な人」がやってきます。

たかえさんは意識していないときに
そこらをブラブラしている霊が視えてしまう人。
「階段のところにいつもの若い男の人がいたよ~」
とかよく言っています。

「あー、いつものグレーのコートとグレーの帽子の背の高い人ですよね」
「うん、服装はわかんないけど。こないだも奥の席に座ってたよ~」
この方は常連の霊さんで、よくいらっしゃっていました。



お客さんのいないある日の夕方、
カウンター奥のキッチンで店内に背をむける感じで
たかえさんと話に夢中になっていました。

「こんばんは」

頭のすぐ後ろではっきりと声が聞こえたので
お客さんが入ってきたのに気づかなかったんだと思って振り返りました。
ところが誰もいません。

よく見ると、カウンター前のテーブル席の一番左に
「いつもの若い男性」が普通のお客さんのように座ってうつむいています。
たかえさんはよく霊に話しかけられるようなのですが
僕はこんなふうにはっきりと話しかけられたのは初めてでした。

「お水だしたほうがいいんですかね? どうしよう?」
「うーん、わかんない。別にいいんじゃない」

僕は注文を取りにくるのを待っているような姿がどうしても気になりました。
別に悪い人ではないし、こちらも迷惑ではないのですが
なんだかさみしそうに見えました。
お水を持っていくのがいいのかもよくわからないし
どうせなら、一度ちゃんと霊界に帰ってもらったらいいかなと思いました。
(ブラブラしている霊なので、未浄化霊だろうとは思っていたので)

「光の世界から誰か迎えに来てくれないかな」
と念じてみると
その人のすぐそばにお祖母ちゃんが最初に現れ、
お祖父ちゃんが現れ、指導霊のような人も現れました。

男性はその光に気づいて顔をあげたかと思ったら
簡単なやりとりだけで、あれよという間に光の世界について行きました。
あまりにも簡単でちょっとびっくりです。



たかえさんとボブテイルにいると
不思議な面白い体験をいろいろとします。

たかえさんはきっとそのうち
「銀座の母」「大泉の母」みたいに
「池ノ上の母」と呼ばれる日が来るんじゃないかと
ひそかに思っています。

みなさんも是非一度
池ノ上ボブテイルに遊びに来てくださいね。
下北沢徒歩7分、池ノ上0分です。

(水・金・日曜の17~22時は山影もいます)


池ノ上ボブテイル(水~日曜・17~22時)
世田谷区代沢2-45-9飛田ビルB1F
TEL:03-3465-0288(電話に出られないときもあります)

☞ 関連記事


カテゴリ
最新記事
リンク
月別アーカイブ
過去記事検索