インドにまつわる二、三の事柄

山影青生・個人セッションメニューはこちら★
御徒町のインド料理店でぶっ倒れたとき
本当に何かが僕の中に入ってきたのかも知れない。

これまでほとんど興味がなかったはずなのに
突然のようにインド関係の本ばかりを
ここ数日で貪るように読んだ。

この読書ペースも自分としては信じがたい。


たまたま手にとった本が
真実を照らす大きな光のように清々しく
連なるようにインドの宗教思想への興味が湧いてきた。

実際にこれらの本がきっかけで
霊的な世界への大きな扉が開いたようにも感じている。

どんな本を読んだかについては
また時間をとって
「本の紹介」で書きたいと思う。


templo en el Ganges, Benarés
templo en el Ganges, Benarés / ♣ ℓ u m i è r e ♣


少しかぶれて
僕なりにインド風な瞑想もしてみた。

至上者を想って瞑想をすると
すぐにエクスタシーが突き抜ける。
目を眉間の神の座に向けてみるだけでも
快感が頭頂から背中を走っていく。

普通にエクスタシーを感じてしまって
瞑想ってこういう気持ちよさでいいのかな。

ちょっと危ういような気持ちよさで
神様と性的交わりにふけっているような
後ろめたさも感じてしまった。


ただ、そればかりではなく
やさしい幸福感の繭にくるまれているような感覚が
日常の中でも今のところずっと続いている。
それはなんだか、ただ幸せな感じ。


2005.11.22 - Shiva at Rishikesh
2005.11.22 - Shiva at Rishikesh / MisEntropy


☞ 関連記事


カテゴリ
最新記事
リンク
月別アーカイブ
過去記事検索