浄霊の現場(試行と理解)

山影青生・個人セッションメニューはこちら★
迷っていたり、執着している未浄化な霊に
霊界へと還っていただくお手伝いをするのが
僕のひとつの役割なのだろうと、最近思いはじめています。


数年前までは、浄霊ということに
自分が関わるとは思ってもいませんでした。

ミディアムやヒーラーとして「普通に」活動する上では
未浄化霊や、いわゆる憑依という現象は
意識する必要のないものです。

浄霊なんてことは別に
僕が講師をしているアイイスでも教わりませんし
知らなくたってかまわないのです。

:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:

僕が浄霊に関わるようになったきっかけは
以前にこちらのブログでも書いたことがありますが
ヒーリングをしている最中に
未浄化霊さんが相談者さんの口を使って話しはじめる
ということが続いて起こるようになったからです。

そのため、わけもわからないままに
話を聞いてあげて、説得して、ひやひやしながらも
どうにか出て行ってもらう、還ってもらう
ということをしていました。


はじめは、除霊とも浄霊とも区別がつかないまま
その場をどうにか切り抜けるということで精一杯でした。

子供の頃に、テレビ番組でみた
霊を説得して、叱って、追い出してというイメージしかなかったので
それを真似てやっていたのだと思います。

ただ必死に対処するしかなかったため、
マントラや、悪魔祓いの祈りや、禊払いの祝詞などを唱えて
無理やり離れてもらうということをしていました。


しかし、それでは未浄化霊さんにしても
納得しないまま、執着が残ったまま
とりあえず引き離されてしまったというだけで
また同じ波長の人間に引っ張られて
再び依存してしまいます。

未浄化霊さんに、自分がどういう状態にあるのかを理解してもらい
どうしたらいいのかを思い出してもらう。
ちゃんとわかってもらって、霊界の存在に引き渡す
ということをしたほうが
未浄化霊さん本人にとっても、いいわけです。

話を聞いてあげたって、
霊的真理を知らなかったり、忘れたりしてしまっているので
自分が執着している世界にはまりこんで
いつまでも同じことを繰り返すだけです。
埒が明かないので、最近は話を聞いて同情することも
必要がなければしません。

霊的真理から、現在の立場を説明してあげれば
そばにいる守護霊の存在に気がついたり、少しずつまわりが見えるようになって
ちゃんと理解をしてくれます。
「肉体がなくなっても意識(霊)は生きつづけている」ということは
状況から理解できてしまうので
肉体を持った人間に説明するより、よっぽど早いです。

:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:

僕自身、そういう接し方をするようになってから
未浄化霊さんも、人間や、霊界の存在と変わらない
「霊」なのだということがだんだんとわかってきました。

少し前までは、おとぎ話の獣や悪霊のように
警戒したり、懲らしめたり、追いやるべき存在だと
思い込んでいました。

今は、未浄化霊と呼ばれる存在であっても
死後の世界を知らなかったり、混乱していたり
どうしていいかわからなくなっているだけで
人間と変わらない存在なんだということが
僕にもわかります。

神さま(大霊)の霊的エネルギーによって生かされていて
守護霊に見守られていて
執着したり、手放したりの自由な意思が与えられている
人間と変わらない存在なんだということがわかります。


ドロップアウトしたり、モラトリアムを楽しんだり。
透明人間になりたいって気持ち、とってもよくわかるもの!

だけど、肉体を失った後もいつまでも地上にとどまるのは
自然の法則に反した行為なので、結局ずっとつらいままになってしまいます。
執着を捨てて先に進もうと決めるだけで、軽やかで楽しくなれますよ
未浄化霊のみなさん!


☞ 関連記事


カテゴリ
最新記事
リンク
月別アーカイブ
過去記事検索