では、スピリチュアルな生き方とは何か?

山影青生の個人セッションご希望・ご連絡は【a3kaku@gmail.com】まで。
アイイスの聖地ツアーに参加しました。

ツアーバスの中で、思いがけず自分の話をすることになり
僕にとってはあらためて
スピリチュアリズムや自分自身のことについて
ふりかえる機会となりました。


現在の日本では、「スピリチュアル」という言葉と
神社や聖地が直結しているような風潮が感じられますが
タバコ・お酒・麻薬などへの依存症で
自由に生きられなくなる人がいるように
神社や聖地への依存症で、自分を縛ってしまう人もいます。

聖地信仰もあまりに狂信的になってしまうと
スピリチュアルな生き方とは
かけ離れたものになってしまいます。


では、スピリチュアルな生き方とは何か?
魂の浄化向上って何か?
霊性開花って何か?
というと

自分が持っているこだわりや執着、
無自覚に影響を受けている思想や思い込みのクセ。
私たちにこびりついた沢山の要素に
ひとつひとつ、瞬間瞬間、気づいていく。
そして、手放したり、距離をとったり、
自由に自覚的に扱えるようになっていく。

そうやって、
自分の本来の魂の輝きを発揮できるよう
さまざまなものから自由になっていく行為
だと、僕は考えています。


瞑想は魂としての気づきを得る技術のひとつとして
多くの人が利用しています。
ただし、方法はそれ以外のものであっても
瞑想という名前がついていなくても
同じような効果が得られればかまわないのです。

スポーツでも、ダンスでも、絵を描くことでも、
演奏することでも、歌うことでも、
好きな服を着ることでも、猫と遊ぶことでも。

魂が自由に輝きを発揮できる方法、
肉体を超えた魂を感じられる方法であれば
何だってかまわないのです。

いろいろな道で、いろいろなアプローチが試され、
掘り下げられている今の時代はとても幸せです。
いろいろなアプローチを試してみて、
気づきを得る機会を多角的に増やしてみるのも素敵です。


「スピリチュアル」なんて名前がついていなくても
スピリチュアリズムなんて考え方を知らなくても
さまざまなものから自由になれるよう実践をつづけ、
魂の輝きを発揮している人がいれば
その人はまさしく、スピリチュアルな生き方をしています。


あなたを縛っている
誰かの考え、言葉、視線、風習、生い立ち、過去や未来、肉体。

そういったあなたを押し込めている
小さな壺のような世界から解き放たれて、
魂という大きな精霊は、自由な夢を叶えたがっているのです。



☞ 関連記事


カテゴリ
最新記事
リンク
月別アーカイブ
過去記事検索