霊能者のT先生(自動書記と瞑想①)

山影青生の個人セッションご希望・ご連絡は【a3kaku@gmail.com】まで。
不思議なこともあるもので、
ひょんなご縁から霊能者のT先生が
僕に色々と教えてくださるようになりました。

何を隠そうT先生は
あちらの世界に住んでいる
肉体を持たない先生です。

「あなたは視覚で受け取るのが得意のようですが
こちらからたくさんの情報を伝えるときは
文字のほうが省エネなのですよ。自動書記をおやりなさい」

何それ? 楽しそうー!
ということで、さっそく紙とペンを用意して
座ってみることに。

しばらく待っているとペンを持つ指が
ペンの軸をくるくると回転させはじめます。
釣竿の浮きが立つみたいに
ペンが紙の上にクイっと引き立てられ
何かを綴りはじめます。

「おつづけなさい」

かろうじて読めるいびつな平仮名。
さあ、ここからが第一歩の始まりです。



☞ 関連記事


カテゴリ
最新記事
リンク
月別アーカイブ
過去記事検索