「個人セッション」(会場貸切/プライベートセッション)は、
月~水の13-22時土・日の12-16時に事前にご予約をいただいて承っております。
「カフェタイム・セッション」(カフェ営業中のセッション)は、毎月のスケジュールをご確認ください。当面の間は混雑をさけるため、事前に電話・メールでのご予約をお願いいたします。

【紹介制】『魂回復セッション』~「魂の主導権(自己肯定力)を取り戻す」トラウマ解消/シュタイナー神秘学&上級FAP療法によるトランスアプローチ

山影青生の個人セッションご予約・ご要望は【maila3kaku@gmail.com】まで。
egypt-1744581_640.jpg


『魂(たましい)回復セッション』
~「魂の主導権(自己肯定力)を取り戻す」
トラウマ解消/シュタイナー神秘学&上級FAP療法によるトランスアプローチ



「繰り返してしまう」「変えられないでいる」ことを解消して
「本来の魂」(本当の自分)を生きるためのセッションです。

結婚・恋愛・仕事・生きづらさ等のお悩みを
「無意識の力」で解決しましょう!



『魂回復セッション』【紹介制】です。
「紹介者のお名前」(または店名)
をお書き添えのうえ、お申込みください。


★【紹介制】『魂回復セッション』
1回 60分15,000円/(2回セット)120分30,000円



初回(初回セッション)
「変えたいこと」「魂の履歴」について詳しくお話をうかがい
問題の鍵となっている「支配」(魂の呪縛)とその影響を特定します。


2回目以降は、「支配」(魂の呪縛)
玉ねぎの皮をむくように、はがしていきます。

椅子に座った状態で、言葉のやりとりをするうちに
無意識の力によって「支配」(魂の呪縛)がつぎつぎとはがれ落ちていきます。


一回ごとに、潜在意識にまとわりついた「支配」(魂の呪縛)がはがれ落ち
人生が軽やかに、自由になっていきます。


「支配」(魂の呪縛)と隠れていた「恐怖」
解消されていく進度には個人差がありますが、
すべての行程が終了する目安は「年齢×0.3」回前後です。


「支配」(魂の呪縛)から自由から自由になり、隠れていた「恐怖」が解消されると
本来の「魂」(本当の自分)を取り戻すことができます。

本来の「魂」(本当の自分)を生きられないでいたから、
自分が本当は何をやりたいのか、何が好きなのか、何を選んだらいいのか、
わからなかっただけなのです。




【予約方法】

「魂回復セッション」【完全個室】でおこないます。
月~水曜の13-22時木~日の12-16時で、承っております。

はじめての方は、「初回セッション希望」として
メールa3kaku@gmail.com、または申込フォームから、ご連絡ください。


会場は
CAFE池ノ上ボブテイル(世田谷区代沢2-45-9飛田ビルB1F)を貸切使用します。

お支払いは、当日現金にてお願いいたします。



archon-1756738_640.jpg



★今世のトラウマ。生育環境の呪詛。前世。前々世。魂の回復。(2022年10月前半通信)

「魂回復セッション」は当初
「今世のトラウマ」「生育環境による呪詛」から
魂を解き放つための手立てとして
はじめたものです。

一時期、ミディアムシップのレッスンのなかで
「生徒さんに僕の頭のなかで起こっていることを
真似をして再現してもらおう」
としても
「なぜかそのとおりにできない」というケースが
続けてありました。

「どうしてそんなことが起こるんだろう???」
と不思議に思って
ひたすら突き詰めていったところ
「トラウマ」「生育環境の呪詛」といった
潜在意識に堆積した遮蔽物が
「霊界」(無意識の世界)との交通をゆがめているという
原因に行き当たります。


「どうすればそれらを取り払えるのか???」
というところから
「魂回復セッション」の試行はスタートしたのですが
そのうち「無意識」のほうがぐんぐんと僕の手を導きはじめ
いつしかミディアムシップの方法論の枠組みを超えて
「生きづらさ」「思いどおりに生きられない」
といった現代の人間がもつ問題と共通した領域へ
深く関わっていくことになりました。


そのうちに最近では、そんなつもりはまったくなかったのに
セッションのなかで「前世」「前々世」なんかが
勝手に出てきてしまうケースが起こっていて
臨床で体験したことをもとにプログラムを書き換える
ということを日々おこなっています。

おそらく、人間同士は「無意識」の深いところでは
みんながつながっています。

クライアントさんや生徒さんたちとの
この「深いつながり」の体験はめちゃめちゃ面白くて
魂の奥底からふるえるような、なつかしい感じがします。
いったんこの領域とつながってしまうと
きっと誰でも、人間をやめたいとは思えなくなってしまうだろうと思います。


関連記事