ミディアムシップとスピリチュアル・ヒーリング(遠隔ヒーリングセッション)

山影青生・個人セッションメニューはこちら★
来日されているヘンリー・カミングさんの
「ミディアムシップ」のワークショップに参加し
霊界のガイドたちと「チームで働く」ことを
つよく意識するようになりました。

これはミディアムシップだけでなく
スピリチュアル・ヒーリングをおこなうときも同じです。
ガイドとのコンタクトが途切れないよう
自分の波動を高いレベルに保つことを意識するだけでも
大きく質が変わると実感しています。


僕の場合、遠隔ヒーリングのセッションは
対面セッションと同じように
日時を約束して行っています。

今回、「チームで働く」ことを意識してやってみたところ
遠隔であっても、同時刻に同じエネルギーを受け取ってもらえてるんだ!
と実感できるようなご感想を
セッション直後にいただきました。

あまりにうれしかったので、
皆さまにもシェアをさせていただきたいと思います。
(ご本人の許可をいただいています)

~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~

初めてヒーリングを受けたのですが、本当に感無量でした。
勝手に手足が動いたり号泣したり、今は口角が勝手にあがってきます。
まるで目の前にいらっしゃる感じで素晴らしい体験でした。
まじですごい!でした。有り難うございます。
東京に行く機会がありましたらぜひ対面で受けさせて頂きたいです。

~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~☆~・~



実際に、エネルギーの媒介となっている僕のほうでも
降りそそいでくる青い流星群のようなエネルギーや
セッションに関与してくださったガイドの存在に感応して
手や体が勝手に動いたり
涙がでるような恍惚とした波動を感じています。

対面セッションの場合、その体験を共有できていることが
ある程度は目で見てわかるのですが
遠隔の場合でも同じように伝わっていることが実感できる
ご感想をいただけたのが本当にうれしかったです。


「霊界には距離は関係ない」ということ。
そして、僕が行っているのは
ちゃんと「霊界の関与」でなされている
紛れもない「スピリチュアル・ヒーリング」なのだということを
実証していただいたように感じています。


M33 Photo composition 10x2min ISO 800
M33 Photo composition 10x2min ISO 800 / Sylvain Billot

(「宇宙人の関与」でなされている「スペース・ヒーリング」の可能性もありますかね・・・)


☞ 関連記事


カテゴリ
最新記事
リンク
月別アーカイブ
過去記事検索